私はパート勤めをしている主婦なのですが、以前給料日前でお金がほとんど残っていない時に、体調を崩して四日ほど入院する羽目になったことがありました。

そしてこの治療費が五万円近くかかり、消費者金融のキャッシングを利用して何とか乗り切ることができたのでした。

当時、それまで一度も金融業者を利用したことがなく、借り入れができるかどうかの不安以前に、そもそも消費者金融を利用すること自体に不安がありました。なぜならあまり良いイメージを持っていなかったからで、どちらかと言えば怖いイメージがあったのです。

ただ治療費が払えないとどうにもならないので、思い切って自宅近くにあった無人契約機に足を運んだのです。最初は内心ドキドキしていたのですが、無人契約機を通して業者の担当者とやり取りをするうちにその不安はなくなっていきました。それというのも応対がとても丁寧だったからで、ごく普通の企業の対応と何ら変わりはありませんでした。

そうして一時間も経たないうちに審査は終わり、その日のうちに五万円を借り入れすることができたのです。その後は毎月リボ払いで決まった額を返済していき、あっという間に完済することができました。

このように利用してみて思ったのは、返済さえきちんとできれば消費者金融もまったく怖くないということでした。それどころかいざという時にはけっこう頼りになります。ですので借り入れは必要最低限だけを借り、後は返済を滞りなく行うことにだけ注意すれば、誰でも気軽に利用できるのではないかと思います。